理学診療用ユーザー情報

トラブルシュート

浴槽内が点々とサビている

 このような症状はもらいサビが原因と考えられます。
貯水槽、水道配管内からの鉄分の流出や、水道水、井戸水中に含まれる鉄分等によって、浴槽の底に点々とサビが発生することがあります。
これを【もらいサビ】といいます。
これを放置するとステンレス自体のサビが進行していきます。

もらいサビの例
CIMG3577 CIMG3586

対処方法
もらいサビが発生した場合、市販のサビ落とし液などを使用し取り除いてください。

 

故障かな?と思ったら

故障かな?と思ったら,お手元の取り扱い説明書巻末の該当ページをお読み頂くか,以下のPDFファイルを参照し,対処をしていただけますようお願いいたします。

故障かなと思ったら トラブルシューティング PDFファイル

尚,当該ファイルの内容はオンパーAT-2型のものであり,お使いの機種にはない機能や,掲載されていない機能などがございます。ご不明な点などは,以下までお電話いただけますようお願いいたします。

TEL:058-383-1244
日本超音波工業株式会社 アフターサービス窓口
(平日8:30~17:30)

 

付属品の破損など

CIMG1765 CIMG1807 

panel_cover cover

ステンレスフィルタ,浴槽栓,パネルカバー,フロフタなど破損しやすい部品や付属品がございます。

補修部品をご用意しておりますので,お気軽にお問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

噴射しない発泡器がある

2つあるうちの片方の発泡器から噴射しない。
切り替えコックを動かしたのに,該当の発泡器から噴射しない。

このような症状では,発泡器の目詰まりが考えられます。
発泡器内に入浴剤が固形化したものなどが目詰まりした場合,次の応急復旧方法で回復できる場合がございます。

発泡器詰まり除去作業手順書

この手順書通りに作業を行い,症状が改善されない場合は,発泡器の分解整備が必要となりますので,お出入りの医療機器ディーラーからご連絡を頂けますようお願い申し上げます。

 

運転状況にむらがある,極端に弱い等の発泡異常

運転中にぶわっぶわっと間歇的に運転をする。
昨日と比較し急激に発泡圧力(噴射)が弱い。

こんな症状の場合には,本来ついているはずの「消音キャップ」が取れてしまっていることが考えられます。
浴槽の水位線より上部には,エア吸入口のほかに,「消音キャップ」と呼んでいる青いキャップがついたブッシュがあるはずです。
青いキャップが見当たらない場合は,以下の手順書に従い応急復旧をしてください。

消音キャップについて

手順通り作業しても症状が改善しない場合や,消音キャップの取り付け位置がわからないなどのご不明点は,下記までお電話をください。

TEL:058-383-1244
日本超音波工業株式会社 アフターサービス窓口
(平日8:3.0~17:30)

 

温度が上昇しない

浴槽内水の温度が上昇しない。

このような症状の場合にはいくつかの原因が考えられます。
温度設定ダイヤルが下がっていたなどの手違い。
水位センサーの不良。
温度をコントロールするための温度リレー不良。
ヒーターへの通電をコントロールするヒーターリレーの不良。
吸込金具接続部からの漏水に伴うヒーター断線。
これらの原因の推定は弊社でなければできないので,まずは下記までご連絡をください。

TEL:058-383-1244
日本著音波工業株式会社 アフターサービス窓口
(平日8:30~17:30)

尚,水位センサー内に異物(ゴミ)がたまったことによる温度調節不良のみ,応急復旧方法がございます。
弊社アフターサービス窓口担当者から「水位センサーの掃除をしてください」とのお申し出があった時のみ,下記手順で応急復旧を試みてください。

水位センサーの掃除方法

当該応急復旧作業を実施しても症状が改善しない場合は,再度ご連絡をください。

 

昨日まで使えていたオンパーが今日いきなり動いてくれない

メイン(電源)スイッチ on,白いランプがついた。
保温(ヒーター)スイッチ on,オレンジ色(赤色)のランプがついた。
運転(operation)スイッチ on,緑色のランプがついた。
でも,運転しない。

このような症状の時には安全対策のためのセイフティカットが作動していることが推測されます。
モーターポンプの中でインペラ(水車)何かしらの異物を噛み,インペラが回転できないことで,モーターが回転できず,そのまま通電を続ければモーターが異常加熱してしまう。
そのような状態の時に機器本体内にある「セイフティカット」と呼ぶ「切れないヒューズ」を飛ばし,モーターへの電源供給をカットします。

この応急復旧方法はございます。
しかしながら,あまりに長くお使い頂いた機体では応急復旧を行ったことでメカニカルシールなどの防水を保つ部品を破損し,使用できなくなる場合がございます。
「応急復旧ができる機体なのかどうか」の判断のために,下記までご連絡ください。

TEL:058-383-1244
日本超音波工業株式会社 アフターサービス窓口
(平日8:30~17:30)