オンパー導入のご検討には

集患・集客のためのオンパー

集患・集客には足湯スペースがもってこい!!

近隣他施設と大きな差別化を図りたい。
とにかく患者様が集まるようにしたい。
お客様の滞留時間を長くしたい。

このようなニーズには足湯スペースがぴったりです。
足湯は決して温泉などの観光地だけのものではありません。

特にオンパーの足湯設備は,理学診療用オンパーと同等性能。
設置場所,搬入経路に合わせて製作しますから必ず設置できます。
また,現地作業や,導入工事を極力無くし,医療機器を製造する品質マネジメントシステム(QMS)に準拠して製作しますので,工場出荷時に品質保証が可能になります。
是非一度オンパーがご提案する超音波足湯治スペースと,セールスフロー解析をお聞きください。

お問い合わせはこちらから

 

超音波足湯治スペースの設置を検討する

超音波足湯治スペースの設置を検討するためには以下のことを検討しなければなりません。

  • 設置場所
    温泉地などのイメージが強く「屋外」に足湯を作りたいというお話がございますが,医学的な見地からおすすめできません
    また,集患・集客ということを重視すればするほど,従来の発想では「もったいない」ことが良くあります
    導線等も含め検討が必要ですので,最も根本的な目的である「集患」・「集客」に最適な設置場所を
    現地にて当社スタッフがご提案いたします
  • 方式
    ベンチ型で行うのか,舞台型で行うのか,目的とご利用になる方のADL(日常生活動作)に合わせて
    当社スタッフがご提案いたします
  • 搬入経路
    屋内での超音波足湯治スペースをお勧めする以上搬入経路の確保が必要になります
    当社スタッフが現地で確認を行います
  • 電源
    100Vの3Pコンセントが必要です
    超音波足湯治のサイズに合わせて電源の容量は決まります
  • 排水
    給水はホースなどで浴槽上から注ぎ込みますので,近くに手洗いシンク(センサー蛇口は不可)があれば給水可能です
    排水は自然排水(浴槽栓を抜いて重力で排水します)と強制排水(内蔵ポンプで排水します)の2方式
    給水にも使った手洗いシンクがあれば排水も可能です
    きれいに目立たないように給水用の蛇口を作ったり,より便利に運用するために排水口を床面に設置する等の場合は当社スタッフがご提案申しあげます
  • 製図&お見積
    上記までをご確認させて頂き,当社にてご提案する仕様を決め,製図しお見積書をご提出いたします

このように,超音波足湯治スペースをご検討いただくためには当社スタッフとお客様が二人三脚でご提案し,ご検討いただけるようにいたします。
当社スタッフのご提案をお聞きになりたい場合はこちらからご連絡ください。